秋山眼科クリニック

samplejpg

samplejpg

白内障の原因

最も多いのは、加齢によるものであり、これを“加齢性白内障”と呼んでいます。
目の老化で白内障が発症しますが60歳代で70%、70歳代で90%、
80歳以上になるとほぼ100%の人に白内障が認められます。
最近では、アトピー性皮膚炎、糖尿病などの合併症で若いうちから発症する人が増えています。
その他、遺伝、放射線や赤外線照射、ステロイド剤などの薬剤の副作用、
ぶどう膜炎などの目の病気による併発白内障、外傷などは白内障になりやすい原因でもあります。

白内障の症状

目の中の水晶体が濁ることにより視力が低下しますが、濁り方はそれぞれ違うため、症状は様々です。
かすんで見える。
明るいところではまぶしくて見えづらい。
メガネが合わなくなる。
二重・三重に見える。
また、白内障だけでは痛みや充血はありません。

白内障の治療

白内障が軽度で、日常生活に支障がない程度であれば、点眼薬により進行を遅らせます。
これらの薬剤はあくまでも、水晶体の濁りのスピードを遅くするもので、症状が改善したり、
視力を回復させることはできません。
また、薬を続けたからといっても、完全に進行を阻止するものではありませんが、
ただ、何もしないより、点眼薬などを続けることにより、進行を遅らせることはできるはずです。
医師から点眼薬などを勧められた場合、続けた方がよいと思います。
白内障が進行し、日常生活に不自由に感じるようであれば、手術を行います。
手術を考える際は、医師とよく相談しましょう。